捻挫

こんな事でお悩みじゃないですか?

捻挫イラスト

  • 捻挫を早く治して試合に復帰したい
  • 捻挫治療中も快適に過ごしたい
  • 確実に捻挫を元の状態に戻したい
  • 病院の待ち時間がイヤで耐えられない
  • 繰り返す捻挫に悩んでいる

捻挫ってどんな症状なの? | ウィル鍼灸整骨院 東中野院

捻挫を甘くみてはいけません!

テーピングのイラストスポーツで捻挫をする、転んで足をひねる。

誰にでも起こりうる捻挫ですが、正しい知識で対処できている人がほとんどいないのを、ご存知ですか?

捻挫は、自己流の固定処置や、テーピングましてや、湿布で済ますということは、ありえないことです。

なぜなら、一度緩んでしまった靭帯は、元に戻らないからです。

たかが捻挫と思って、処置が甘いと繰り返し捻挫をしてしまったり、数年後に何もないところで転びやすくなったり、つまずきやすくなります。

しっかりと固定をする。ということが基本です。

ただし、固定一つとっても、治療期間によって固定は様々です。

従来の捻挫と、ウィル鍼灸整骨院 東中野院での捻挫治療法の違いについて

ウィル鍼灸整骨院 東中野院ならこんな風にあなたの痛みを取り除きます

今までの常識が覆される、武田正骨の固定法を学びました。

まだ、世に多く知られていないかもしれませんが、北海道で数多くの外傷患者さんが来る画期的な捻挫固定法を学んできました。

従来の捻挫固定は、足をぐるぐるに巻き、松葉杖をつき、とにかく安静にと言われ治療している間に筋肉が衰えてしまったり、足をかばうために、身体の他の場所に歪みが出てしまうことがあります。

また、長い間固定をした状態なので、足首が間違った状態で固定されるので、骨盤がゆがむケースがあります。

ウィル鍼灸整骨院 東中野院の捻挫治療法とは

ウィル鍼灸整骨院東中野院 問診ウィル鍼灸整骨院 東中野院では、骨盤と歪みの関係を日頃から研究しているため、足首の重要性にも着目しています。

武田正骨の固定法は、お一人お一人の足に合わせ、捻挫の固定を最小限にとどめることで、しっかりと結果の出る固定法です。

固定をしたその日に、歩いて帰ることが可能です。

もちろん、痛みなく歩くことができます。

日常を歩きながら治すことで、筋肉も落とさず、日常生活の不便も最小限にし、快適に過ごすことができます。

この固定法が出来る整骨院は珍しく、ご予約いただければお待たせせずに施術をすることができるので、必ずご予約の上、ご来院ください。

ウィル鍼灸整骨院 東中野院 膝痛の施術動画